IPPAN X-CSRF-TOKEN abc1a1a8-48f0-469b-899b-935643b0896f

羽田空港国内線の第2・第3駐車場の予約サイトです。

ログイン後に予約サービスをご利用ください。

利用規約

羽田空港国内線P2・P3駐車場予約サービス利用規約

一般財団法人空港振興・環境整備支援機構(以下「空港支援機構」といいます。)は、羽田空港国内線P2・P3駐車場予約サービス利用規約(以下「本規約」といいます。)を以下のとおり定めます。 会員は駐車場予約サービスを利用するにあたり、本規約の内容をご承諾いただいたものとみなします。

(用語の定義)

  • 本規約における用語を以下のとおり定義します。
    • 駐車場予約サービス(以下「本サービス」といいます。)とは、空港支援機構が管理する羽田空港国内線P2・P3駐車場の利用を、インターネットを通じて事前に予約するサービスをいいます。
    • 「会員」とは、本サービス利用に際して、空港支援機構の定める本規約を承諾し、会員登録を行った個人又は法人をいいます。
    • 予約できる駐車枠には、予約一般枠、予約身障者枠と2つの種類があり、本サービスにおいて予約一般枠を予約した会員の車を予約一般車、予約身障者枠 を予約した会員の車を予約身障車として表記します。

(規約の改定)

  • 空港支援機構は事前に登録会員に通知することなしに、本規約を改定できるものとします。 本規約の改定は、改定後の本規約を「羽田空港国内線P2・P3駐車場予約サービスホームページ」(以下「予約ホームページ」といいます。)に掲示したときにその効力を生じるものとします。
    本サービスご利用にあたっては、都度、最新の本規約の内容をご承諾いただいたものとみなします。

(予約可能車両)

  • 駐車予約可能車両は普通自動車のみとし、駐車できない自動車は以下のとおりとします。
    • 高さ 2.3m、幅 2.1m、長さ 5.7m(積載物、取付物を含む)を超える自動車
    • 危険物、非衛生物等を積載した自動車
    • その他当駐車場の管理上支障があると認められる自動車
  • 予約身障者枠を利用できる車両は、「駐車禁止除外指定車」の標章、「身体障害者手帳」、「療育手帳」、「精神障害者保健福祉手帳」、「戦傷病者手帳」、 「被爆者健康手帳」若しくは「特定疾患医療受給者証」(以下「身障者手帳等」といいます。)の提示があり、かつ、 指定の対象者若しくは手帳の所有者が乗車している場合、又は空港支援機構が承認した場合に限ります。
    予約身障車は、身障車枠に駐車している間は、身障者手帳等を所有する者が乗車する車両であることを示す掲示を行うものとします。

(会員登録)

  • 利用者は会員登録を行うことによって、本サービスの利用資格を得るものとします。 会員登録に際しては、予約料金の決済を行うクレジットカード、予約情報の通知を行うメールアドレス及び利用者本人が所有し又は使用することを 許諾された車両のナンバーなど必要な情報を登録する必要があります。車両は会員毎に最大10台まで登録できます。
  • 本サービスによって羽田空港国内線P2又はP3駐車場を利用できる車両は、会員が登録した車両に限ります。

(登録メールアドレス・パスワードの管理)

  • 会員は、登録したメールアドレス及びパスワードの管理責任を負うものとします。
  • 会員は、会員登録を第三者に利用させたり、貸与、譲渡又は売買等をしてはならないものとします。
  • 会員は、パスワードの管理不十分、使用上の過誤又は第三者の使用等による損害を負担するものとし、空港支援機構は一切責任を負わないものとします。
  • 会員は、パスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合、直ちに空港支援機構にその旨を連絡するとともに、空港支援機構から指示がある場合はこれに従うものとします。
  • 本サービスを利用するにあたり、自身のメールアカウントによりなされた一切の行為及びその結果(会員自身の行為の有無、過失の有無を問わず)について、会員はその責任を負うものとします。

(会員情報の変更)

  • 会員は、会員登録内容に変更があった場合には、自らが会員登録内容を変更するものとします。変更を怠ったことにより、会員又は他者に生じた損害について、空港支援機構は一切の責任を負いません。

(会員退会)

  • 会員が退会を希望する場合は、インターネットを通じ、会員自らの登録解除手続きによって退会することができます。
  • 会員は、会員登録後に本サービスにログインして予約の実行や会員情報変更などの操作を行ないますが、連続する2年間に亘り本サービスへのログイン行為が確認できない場合は自動的に退会となります。
  • 自動的に退会扱いとなった場合は、登録のメールアドレスに本規約により自動的に退会となった旨をご連絡いたします。
    なお、その後の本サービスの利用にあたっては新たに会員登録が必要となりますのでご注意ください。

(駐車場予約)

  • 入場予定日の30日前の午前10時から予約ができます。
    但し、予約ホームページ上でお知らせする多客期のうちの一斉予約期間にかかる予約は、 一斉予約解禁日の午前10時から一斉に予約を申し受けます。多客期のうちの一斉予約期間及び一斉予約解禁日は、都度、予約ホームページ上でお知らせします。
  • 予約の申し込みは、予約ホームページで必要項目を入力後、「予約受付完了」画面が表示された時点で成立するものとします。
  • 駐車場予約は、以下の項目に同意された会員のみ承ります。
    • 予約した入場予定日時から2時間経過しても予約入場がない場合、予約は無効となり、事前決済された予約料金は返金できません。
    • 予約できる期間は利用開始日から利用終了日までの期間が14日以内までとします。指定した期間の予約枠に1日でも空きが無い場合は予約できません。
      また、予約期間を超えて駐車することはできません。
    • 予約出場予定日を超えて駐車した場合は、駐車料金に加えて、出場予定日を超えた1日毎に1,000円の超過予約料金をお支払いいただきます。
    • 会員が予約できる件数は3件までとします。但し、同一車両を利用して、重複した期間を予約することはできません。

(料 金)

  • 料金は、以下のとおりとします。
    • 予約料金
      本サービスを利用する会員は、サービス利用料金として予約料金1,000円をご負担いただきます。予約料金は、予約完了と同時に、予め登録されたクレジットカードで決済されます。
      なお、航空機の欠航により当駐車場をご利用にならなかった場合は、お申し出により、欠航の確認後、予約時に登録されたクレジットカードの引き落とし口座に予約料金を返金いたします。 返金の時期は、クレジットカード会社により所定の日数を要します。
    • 出場予定日までに出場されなかった場合は、第 8 条第 3 項(3)のとおり、超過予約料金が発生しますのでご注意ください。なお、航空機の欠航・遅延により出場予定日を超えた場合は、 欠航・遅延の確認後、超過予約料金を返金いたしますので、駐車場管理室までお申し出ください。
      但し、航空機の欠航・遅延による場合以外の払い戻しはいたしません。
    • 身体障害者手帳等をお持ちの方が乗車されており、かつ、身体障害者手帳等を提示して頂いた場合は、予約料金、駐車料金及び超過予約料金が50%割引となります。
      なお、予約料金は予約時に登録されたクレジットカードの引き落とし口座に割引分を返金いたします。返金の時期は、クレジットカード会社により所定の日数を要します。
    • 駐車料金は以下のとおりとします。
      駐 車 料 金(消費税込)
      入場から30分毎 150円
      但し、入場から 30 分までの出場は無料
      入場から24時間まで 最大1,500円(多客期は最大2,100円) 注1
      24時間を超える毎に 1時間毎300円
      24時間毎 最大1,500円(多客期は最大2,100円) 注1

      (注 1)多客期の駐車のうち、最初の 3 日間の 24 時間毎の最大料金が 2,100 円になります。なお、通常期、通常期と多客期をまたぐ 24 時間、 および多客期における 4日目以降の 24 時間毎の最大料金は通常期料金と同額になります。
      (注 2)多客期の期間は、都度、予約ホームページ上でお知らせします。

(予約の変更)

    • 予約内容に変更が生じた場合は、会員自らが変更処理を行ってください。電話による予約内容の変更は承れません。また、入場当日の変更はできませんので、一旦予約をキャンセルして新たに予約を行って下さい。
    • 予約の日程変更(入場予定日又は出場予定日の変更)は2回までとし、3回目の日程変更はできません。変更が必要な場合は、一旦予約をキャンセルして新たに予約を行ってください。
    • 複数の予約期間が連続していても、複数の予約期間を通じて1回の駐車として利用することはできません。1回の駐車として利用する場合は、既に予約している期間の予約変更を行うか、 連続期間の新規予約時に複数の予約期間を結合するか、又は、複数の予約をした後に一方の予約をキャンセルしたうえで他方の予約期間を変更するか、いずれかの手続を行うものとします。
      なお、複数の連続する予約期間を1回の駐車として利用する手続(変更又は結合)をしないまま1回の駐車として連続駐車すると、一方の予約に対して超過予約料金が発生するとともに、 他方の予約に対しては入場予定日に予約入場がなかったものとして当該予約に関する予約料金が返金されません。
      また、複数の連続した期間の予約を結合できるのは、連続する期間の新規予約を行う場合のみで、連続した期間を予約した後に結合を行うことはできませんので、ご注意下さい。

(予約のキャンセル)

    • やむなく予約内容をキャンセルする必要が生じた場合は、入場前までに、会員自らがキャンセル処理を行ってください。電話によるキャンセルは承れません。
    • 予約をキャンセルする場合は、以下のとおり、キャンセルする時期によって、キャンセル料金を申し受けます。お支払いいただいた予約料金とキャンセル料金との差額は 予約料金を登録されたクレジットカードの引き落とし口座に返金いたします。返金の時期は、クレジットカード会社により所定の日数を要します。
      キャンセルする時期 キャンセル料金
      入場予定日の前日又は当日100%
      入場予定日の2日〜7日前50%
      入場予定日の8日以前0%
      なお、予約をキャンセルせずに入場予定日に予約入場されなかった場合には、第 8 条第 3 項(1)のとおり、予約料金は返金いたしません。

(駐車場の利用方法)

  • 利用者は以下の手順により予約駐車場を利用していただきます。予約後、入場予定日時から2時間経過しても予約入場がない場合、当該予約は無効となり、以後、当該予約に係る予約入場をすることはできません。
    • 予約一般車
    • 1階予約専用入口ゲートにおいて機械から予約駐車券の交付を受け、入場していただきます。
    • 4階又は5階予約エリアの入口ゲートから入場し、空いている予約一般駐車枠に駐車していただきます。
    • 出場に際しては、駐車料金を事前料金精算機、又は、1階出口料金精算機において支払うものとし、出口ゲートから出場していただきます。
    • 必ず予約した出場予定日までに出場してください。予約した出場予定日を超えて駐車された場合、第 8 条第 3 項(3)のとおり、超過予約料金をお支払いいただきます。
    • 予約身障車
    • 予約専用入口ゲートにおいて「身障者手帳等」の提示をしていただきます。確認後、機械から予約身障車駐車券の交付を受け、入場していただきます。
    • 4階又は5階予約エリアの入口ゲートにおいて予約身障車駐車券を機械に入れて予約身障車であることを認識させ、機械の音声案内による駐車枠番号の案内にしたがって、 駐車券を受け取った後に案内された番号の予約身障者枠をご利用いただきます。
    • 出場に際しては、駐車料金を事前料金精算機又は1階出口料金精算機において支払うものとし、出口ゲートから出場していただきます。なお、入場時に身障者手帳等を提示できない場合は、 事前料金精算機による精算を行わず、出場時に出口で係員に身障者手帳等を提示してください。確認できれば、第 9 条第 1 項(3)により、50%割引いたします。
    • 必ず予約した出場予定日までに出場してください。予約した出場予定日を超えて駐車された場合、第 8 条第 3 項(3)のとおり、超過予約料金をお支払いいただきます。

(会員への本サービス利用停止)

  • 空港支援機構は、会員について次に掲げるいずれかの事由がある場合、当該会員による本サービスの利用を何ら事前に通知および勧告することなく停止させることがあります。
    • 会員が、本規約に違反した場合
    • 会員が、空港支援機構に対し、虚偽の登録情報を申告した場合
    • 法令等に違反する行為、違反する恐れのある又は助長する行為を行った場合
    • 他者の財産、名誉、信用、プライバシー、パブリシティー権、著作権その他の知的財産権を侵害する行為、侵害する恐れのある又は侵害を助長する行為を行った場合
    • 本サービス又は予約ホームページの運営又は利用に支障を与える行為を行った場合
    • その他空港支援機構が不適当と判断した場合

(本サービス提供の一時的な中断)

  • 空港支援機構は、以下の事項に該当する場合、本サービスの運営を中断できるものとし、その旨予約ホームページを通じて、会員に通知します。但し、緊急やむをえない場合は通知を省略することができます。
    また、空港支援機構は、会員又は第三者が被ったいかなる損害について、理由にかかわらず一切の責任を負わないものとします。
    • システムの保守、工事を定期的又は緊急に行う場合。
    • システムにやむを得ない障害が発生した場合。
    • 地震、火災、停電、洪水、津波、噴火、暴動、騒乱、戦争、その他の非常事態により本サービスの提供が通常通り行うことができなくなった場合。
    • その他空港支援機構がやむを得ないものと認めた場合。

(本サービス提供の中止)

  • 空港支援機構は、業務上の都合により必要があるときは、本サービスの全部又は一部を中止することがあります。
  • 空港支援機構は、前項の規定により本サービスの提供を中止するときは、あらかじめその旨予約ホームページを通じて通知するものとします。
    但し、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。
  • 空港支援機構は、本条第1項において定める本サービス提供の中止により会員又は他者に生じた損害について、一切の責任を負いません。

(個人情報保護)

  • 空港支援機構では本サービスの運営において、会員からご登録及び駐車場予約をいただく情報に対し、個人情報(個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定めるものをいい、 以下「個人情報」という)を、個人情報の保護に関する法律その他関係法令に則って取扱うものとします。
    なお、空港支援機構は、関係法令に基づき、クレジットカード情報の非保持を遵守します。
  • 空港支援機構は、次の各号に設ける目的で個人情報を利用し、法令等により許容されている場合又は会員の同意を得た場合を除き、会員から取得した個人情報を、第三者に提供いたしません。
    • 本サービスの申し込みに際して、会員の氏名、連絡先等を確認するため
    • 本サービスの利用に際し、会員本人を特定するため
    • 本サービスを適切に提供するため
    • 予約料金の支払いを受ける手続のため
    • 会員に対して本サービスに関する案内をするため
    • その他、本サービス提供を適切かつ円滑に履行するため

(免責事項)

  • 空港支援機構は会員が予約したデータが設備の故障により滅失したことにより会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。
  • 会員に対する空港支援機構の責任は、会員が支障なく本サービスを利用できるよう、善良なる管理者の注意をもって本サービスを運営することに限られるものとします。
  • 空港支援機構は本サービスの利用により発生した会員の損害(他者に生じた損害を含む。)、及び本サービスの全部又は一部を利用できなかったことにより発生した会員又は他者に生じた損害に対し、 本規約で特に定める場合を除き、いかなる責任も負わないものとします。

(著作権)

  • 空港支援機構の提供する本サービスに関する各情報の著作権、その他知的財産権は空港支援機構に帰属するものとします。

(管轄裁判所)

  • 本サービスに関連して会員と空港支援機構との間で問題が生じた場合には、当該当事者がともに誠意をもって協議するものとします。
  • 会員と空港支援機構との間における訴訟は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
本規約に関するお問い合わせ
一般財団法人 空港振興・環境整備支援機構 東京事務所内予約管理センター
TEL:03-6428-9502(P2) , 9503(P3)

附 則

この規約は、平成20年7月1日より施行する。

  • 平成22年12月20日改訂
  • 平成24年 5月29日改訂
  • 平成26年 4月25日改訂
  • 平成26年 7月 1日改訂
  • 平成27年 5月11日改訂
  • 平成29年 6月 1日改訂
  • 平成30年 3月 1日改訂
PAGE TOP